2016年02月16日

うっすらと春の気配。

で着せ替えたんですが、また冷え込んじゃってなんだか寒々しい(笑)。

蜜之助は砥の粉色の博多帯と毛万筋御召、大島羽織は羽裏が勇ましい武将柄です。蜜子さんは小菊など四季花の吹き寄せ小紋を春めいた色合いで。ところどころ、ほんのり紅を注したような暈しが女らしい、上品な小紋です。

寄席よりはちょっと気取りっち、観劇や美術館って感じかな(^-^)

M4810003.JPG

こういう古典柄の小紋は一枚あると便利です。塩瀬の太鼓柄や紬系の帯ならカジュアル、きらびやかすぎない織りの帯ならちょっとしたお席にも(^-^)今回は可愛らしくなりすぎないように金茶の帯にして、小物だけきれいな色に。この破れ立涌に笹のアンティーク帯もいろんなイメージで使える優れもの♪

M4810005.JPG

下北沢南口1分。
リサイクル着物とレンタル【蜜月】
155-0031 世田谷区北沢2-12-3-1F

++ 洋服雑貨 + シャンパン + カフェ + パワーストーン ++
posted by 蜜月 at 21:21| このごろの蜜子さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

着物を洋服に置き換えてみる。

所詮着るもの」のポストで着物のコーディネートを洋服に置き換えて書いたら、ちょっとおもしろかった(^-^)これです。


↓着物はなんでもない恰好が一番好きです。洋服でいったらなんだろうなー、きれいめシンプルニットにデニム、ターコイズのゴツめアクセくらいの感じかな。

M4570006.JPG

ほかにもいくつか書いてみまーす!

↓これはシルキー素材のラップワンピやシャンタンとかのクラシックスーツを、ハードめの小物でハズした感じ。

M4690013.JPG

↓ざっくり紬と半幅はデニムとTシャツ。手近で着心地いいものを着ました的な(笑)。

M4790004.JPG

↓ドレッシーめのデザインシャツにきらっとしたアクセくらいの感じ。お正月だったので引き箔の帯でした。

M4480003.JPG

↓ちょいフェミなゆるワンピとデニムのレイヤード。ワンピだけだと女子すぎるからゴワッとしたボトムでハズす、でもきれいな色合いで、みたいな。カジュアルなラメ入りつづれの帯です。

M4350002.JPG


こうして改めて書いてみると、実は組み合わせるときも着物って思ってないのかもしれません。素材感とアイテム属性だけでコーディネートしてる気がします。

ところで気づきましたか?全部同じ帯締めです。いま気に入ってるネックレスはこれー!毎日つけてるのー!合わせやすくてポイントになっていいのよー!みたいな感じですね、ふふっ(^m^)

みなさんも、よかったら置き換えしてみてください☆


下北沢南口1分。
リサイクル着物とレンタル【蜜月】
155-0031 世田谷区北沢2-12-3-1F

++ 洋服雑貨 + シャンパン + カフェ + パワーストーン ++
posted by 蜜月 at 11:00| 着物レッスン・着付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

我流上等、所詮着るもの♪

座右の銘というか、いつ何時もそう思っているのが、

着物は、所詮着るものである

ということです。所詮って、否定的なニュアンスを含めて使うことが多いけど「つまるところ・終着点」みたいなことです。斜めな気持ち一切なし、むしろ真っ直ぐな気持ちで書いてます(^-^)

お昼ごはんを食べているとき「着物の囚われ」のことが浮かんで、そのうち記事でも書くかー♪ともぐもぐもぐ。そうしたら開店一番目のお客様が「いえもう着物は我流で」みたいなことをおっしゃられて。でも、ほぼ毎日お召しになってるそうなんですよ。自己流でどうこうより、そのことのほうがすごい。


我流上等です、だって衣類だもん。


ジーンズは絶対ベルトしなきゃダメって言われたら、やじゃないですか?いいんですよ、ずり落ちてこなければしなくたって。

女子はメンズシャツ禁止って言われたら、やじゃないですか?いいんですよ、たまには男物使ってみたって。

イレギュラーな重ね着禁止って言われたら、なんで?って思いませんか?いいんですよ、ワンピにレギパン合わせたって。

スカートには絶対パンプスって決められたら、やじゃないですか?いいんですよ、ブーツでもスニーカーでも。

ニットとニットを合わせるのはおかしいって言われたら、なんで?って思いませんか?いいんですよ、セーターとレギンスだってニットonニットだもの。

無印やユニクロみたいに無難でシンプルが好きな人もいれば、H&Mみたいなファストファッションが好きな人もいる。

レトロな古着を可愛いと思う人もいれば、ハイエンドブランドしか着ない!って人もいる。

ゴスロリ、ロッカー、ゆるファッション、合コン受け狙い、スーツにスエット。お洒落してる人もいれば、そうでもない人もいる。いろんなスタイルの人が街を歩いてますよね。

お、すご!って思うことはあっても気にしないじゃないですか?ああいうのが好きなんだなー、自分は着ないけどって感じで。


私は着物もそれでいいと思ってます。


寸分の抜かりもなく着るもよし、省きまくって着るもよし、独自のアレンジもよし。着たいように自由に着ればいいと思います。ただの好き嫌いでしかないので。着物という衣類で気遣ったほうがいいと思うのは2つだけ、


フォーマルと季節感


です。フォーマルはお相手ありき、慶びや悼む気持ちの表現に縛られるべきです。それは洋服でも同じことですよね(^-^)

季節感については、色柄に季節感を盛り込んだ着物はそのように使ったほうがいい、というだけです。変な例ですが、11月にガラスの風鈴を提げていた飲食店がありましてね。ちり…ん…ちりり…んって、寒々しいを通り越してお化けが出そうで怖かった(笑)。南部風鈴ならまだしもガラスはなぁ…、というようなニュアンス(?)です。


あとは、じ・ゆ・う(^^♪


<おまけ>

着物は古典でオーソドックスな組み合わせが好きなので、あまりこういう恰好はしませんが「着るものとしか考えてない」の端っこに位置するスタイルになりますでしょうか。

M4690013.JPG

銘仙にスタッズ打ったデニムベルトを巻いて、レザー風レギンス+ヒステリックグラマーのウェッジソールブーツ。ラップドレスって海外ではわりと定番、着物と思わずバタフライスリーブやKIMONOスリーブのシルクワンピと思ってコーデしてます。

↓着物はなんでもない恰好が一番好きです。洋服でいったらなんだろうなー、きれいめシンプルニットにデニム、ターコイズのゴツめアクセくらいの感じかな。

M4570006.JPG

下北沢南口1分。
リサイクル着物とレンタル【蜜月】
155-0031 世田谷区北沢2-12-3-1F

++ 洋服雑貨 + シャンパン + カフェ + パワーストーン ++
続きを読む
posted by 蜜月 at 03:36| 着物雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする