2016年05月28日

かんざし1本で簡単まとめ髪、簪の扱い方。

「簪はどうやって使うのですか?」と聞かれることが多いので、分かりやすい動画をリンクしておきますね。ブログの左側にもyoutubeをリンクしました(^-^)
M5500004.JPG


簪を長持ちさせるために

簪作って12年、ポイントをまとめておきますね。

簪は本来、結い上げた髪にそっと挿す装飾品であって結い上げる道具ではありません。簪1本でまとめるときは力のかかり具合に注意してくださいね(^-^)多少雑に扱っても折れないのは箸のようなウッドスティックです。

❤ヘッドをつかまない
人間と同じで「首」が一番弱いです。ねじったり返したりしますのでヘッドをつかんで行うと首から折れます(握りたくなるのは分かりますが・笑)。首のないストレートタイプでも負荷は似たようなものです。

❤合金は決して強くない
手頃に楽しめる代わりに折れやすいのがデメリット。金属を打ち出した簪と違って溶接部もありますし、プラスチックくらいの強度と思って使うほうが長持ちすると思います。木製や本べっ甲など天然素材は柔軟で折れにくいです。

❤できるだけ中ほどを持つ
テコの原理です。人毛は結構強度が高いので、変なレバレッジがかかると簪のほうが折れます。

❤力を抜いて
慣れるまでは難しいと思いますが、焦って力まないことが一番かもしれません☆ヘアゴムなど補助も使うとよいと思います。




A/簪でのまとめ方はどれも大体同じですが、ねじりが少ない分簡単ではないかと。ただし、極端に髪が多い・長い人は箸くらい長い簪でないと難しいかもしれません(私は3本折りましたw)。



B/Aと同じ方法。短いなら短いなりに恰好がつきます。



C/簪は挿さずに根元に当てて、ねじりながら髪を巻き取っていく感じ。ABよりしっかりまとまると思います。夜会巻き風、でしょうかね。



D/夜会巻き。きちんとした印象にしたい、涼し気に見せたいなど、A〜Cではカジュアルすぎるときに。


下北沢南口1分、モンスター通り路地裏ひとつ目。
リサイクル着物とレンタル【蜜月】
155-0031 世田谷区北沢2-12-3-1F

++ 洋服雑貨 + シャンパン + カフェ + パワーストーン ++
posted by 蜜月 at 02:57| 着物レッスン・着付け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする