2016年08月13日

ときどきタロットも使います。Bさん編。

Aさんと一緒にご来店になった、Bさん編です☆

Aさんのときと同じく箇条書きしたメモを拝見して、まずは1枚引き。「世界」が出ました。

tarot_world.jpg


大アルカナの最後のカードで完成を意味します。あらゆるもので構成された完全な世界、そんな感じ。

一般的にはよいカードですが、メモの内容からはそんなに簡単なことでもないような?また3枚引いていただきました。


tarot_Wheel of Foutune.jpgtarot_emperer.jpgtarot_lovers.jpg


1枚目は運命の輪。

Aさんも引いたカードで「必然」という意味は変わりません。チャンスや転換という示唆も同じですが、メモから拝察するに、良し悪しすべて必然で、どれもが成長や学びのチャンスだと捉えてみては?と読むのがよさそうです。

2枚目は皇帝。

皇帝は民や国を治める人物です。このカードは、「どんな皇帝だったら幸せな国を作れるか、ちょっと考えてみて」と言ってるように感じました。力強くリーダーシップをとる王、下を見ず傲慢に押し進める王、周りの言いなりで振り回される王…、さまざまだということですね。国、すなわち自分の世界です。

3枚目は恋人たち。

一般的には純粋や情熱、これ!と読むのが難しいカードです。が、男女のモチーフで6番のカード、統合・調和かなと思いました。

この3枚は最初のカード「世界」につながっています。相容れないものでも、理解しがたいものでも、それぞれに存在意義や役割がある。あらゆる個性があるからこその「完全な世界」、それは完全に調和していて要らないものなどなにひとつなく、個人の介入は必要ない。

ということを、身近な現実世界で知覚していく段階におられるように感じました。頭がいっぱい、ちょっと大変よね(笑)。

ラスト、妨げるものは「審判」。復活のラッパで死者が甦ります。

tarot_Judgement.jpg


そのまま、左脳的なジャッジメントを手放せとも読めるし、過去にやり残したこと・置いてきたことはなんですか?という問いにも取れます。復活や奇跡、あきらめていた物事が成るカードでもあるので、諦めや期待が妨げになっている場合もあるかもしれません。

画像お借りしました→http://jw-elishia.com/tarot/


下北沢南口1分、モンスター通り路地裏ひとつめ。
リサイクル着物とレンタル【蜜月】
155-0031 世田谷区北沢2-12-3-1F

着付け教室・イベントのご予約ページ

++ 洋服雑貨 + シャンパン + カフェ + パワーストーン ++
posted by 蜜月 at 04:13| パワーストーン・天然石 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする