2016年12月28日

着物が自由だった時代のかわいい本物。

ばっちりピントは合ってるはずなのに、ぼぅっとにじんで見える不思議な帯です。ワッフルみたいな凹凸の織りに、つやつや漆引き箔の織り出し柄。この組み合わせが不思議な感じを醸し出しているようです。

1.JPG

アスタリスクみたいな単純な花模様がとてもかわいいのに、手間のかかる漆引き箔というギャップがたまりません(個人的に)。ヤフオクに出品します、お楽しみに☆

こちらは振袖レンタル用の品物ですが、配色が突拍子ないうえに濃色の鱗だけ漆引き箔になっています。洒落袋というには派手すぎますし、こんなに突き抜けているのに袋帯でいいのでしょうか(笑)。

houseki_kotto_ichiba-img600x450-1466130717a7udpu3112 (2).jpg

いずれの帯も「着物が元気で自由だった時代」を感じます。ただ見た目が面白いだけでなく、ちゃんと技アリなのね。

古い物を見ていると、名古屋帯でも漆やモール糸を使ったものが結構あります。色柄だけでなくテクスチャーの違いでひとひねりを狙ったもの。普段着でも手の込んだことをしていたわけです。

物づくりが平面的な奇抜さや近視眼的な精緻さにシフトしたのはいつ頃なんでしょうね?奥行や立体感がない品物はたいてい写真写りがよいです、補正が要らない。二次元やWEBっぽいなーなんて思ったりしています。


下北沢の着付け・卒業袴と着物レンタル http://kimono-shimokita.seesaa.net/
下北沢路地裏商店のHP http://www.shimoroji.com/

下北沢南口1分、モンスター通り路地裏ひとつめ。
リサイクル着物と着物レンタル【蜜月】
155-0031 世田谷区北沢2-12-3-1F

++ 洋服雑貨 + シャンパン + カフェ + パワーストーン ++

posted by 蜜月 at 02:43| ヤフオク!のお品物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする