2017年09月04日

木綿の着物はいつ着るの?

リサイクルだと、浴衣に混じって綿の着物が結構出てきます。

綿の着物はなにも、しじらのような先染めだけではありません(^-^)。後染めだけど、浴衣とは柄や雰囲気がちょっと別物?という感じの、小紋や飛び柄の綿着物が存在します。

image(12).jpg

画像の綿着物もさらしのような平織りではなく、浴衣に比べると地厚。真夏に着たら暑いかも…という厚さと目の詰まり具合です(綿なのでもちろん夏に着てもよいですが)。

こういったタイプの綿着物はウールと同じ位置づけでいいんじゃないかなと思います。白地や真夏モチーフ、浴衣や手ぬぐいくらいの薄さだったら夏に着るのがよいと思いますが。

値段も手頃で扱いやすい(浴衣に見えない)コットン生地で自家製して、普段に気軽に着ていたから、こうやって中古で出てくる。という仮説が成り立ちます。広衿仕立ての綿着物も多いですよー。


冷えこむ季節には、洋服だって綿よりウールが着たくなる。春先の冷えくらいならウールニットよりコットンニットとキャミ、みたいなチョイスになりますよね?毛は熱がこもって爽やかさに欠けますから。

この手の綿着物を見ると、昔の人もそんな具合で使い分けてたんじゃないかなーと思います。所詮着るもの、普段着ならフィーリングでオールオッケー(^-^)


■下北沢南口1分、docomo左折→レンガの路地 Directions w/photo

着付け・レンタル・リサイクル着物 | 下北沢きもの蜜月
USED KIMONO STORE "MeetsGets" Shimokitazawa

2-12-3-1A Kitazawa, Setagaya-ku, Tokyo 155-0031, Japan

*下北沢で着物&卒業袴レンタル(要ご予約)

*着付け(要ご予約)

*着付け教室・着物よろずレッスン(ご予約ページ)

*ヤフオク!

*for visitors, TOKYO KIMONO LOOK

*箪笥診断・パーソナルスタイリスト(要ご予約)
*きもの蜜月Google+

*黒の絶景!黒留NIGHT™主宰

All rights reserved 蜜月/竹蔵龍/黒留NIGHT™ est.2004
posted by 蜜月 at 01:20| 着物雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする